旬八大学メイン画像

これからの農と食の
ビジネスをするうえで
必要な“こと”を学ぶ学校

“旬八”ブランドを垂直統合経営しているアグリゲートは 、これまでに蓄積してきた自社ノウハウをオープンに公開する「旬八大学」を運営しています。「旬八大学」は、食農業界を俯瞰して捉え、産地と消費地をつなぎ、 商売する力を高めることができる実践的な学びの場です。

|全講座共通 プレエントリーのご案内|


この度は、「旬八大学」にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
私たちは、ミッションに掲げている『未来に「おいしい」をつなぐインフラの創造』を果たす手段として、生産から販売までを一気通貫するSPF (SPF=Specialty store retailer of private label food)という戦略を立て、それを実現するためのオペレーションと人材マネジメントの 構築に日々邁進しています。

SPFの起点は、お客様接点の「販売(小売)」です。 販売を起点に一気通貫しながら圧倒的に利益を出す事で、食農業界にビジネスポテンシャルの高い人(*1)たちを巻き込み、まずは自分達 が圧倒的な成長企業(生産性高く働いた方に利益が還元されている状態)となり、先々には食農業界を成長産業にしていきたいと考えています。

現在アグリゲートは、メンバー1人1人と組織をさらに強く筋肉質なものにするため、抜本的な組織改革を行なっているところです。特に旬八青果 店で働く最前線のメンバーは、仕入・製造・販売の損益構造を社員、アルバイト全員が理解し、「働いている全員がSPFを体現できる」状態を目指します。

ここで得られた知見や確立した手法は、いずれ「旬八大学」でオープンな学びの場として、公開させて頂きたいと考えています。 食や農業に興味をお持ちで、将来は何かビジネスを始めたいと思っている方、「旬八青果店」を利用されたことがある方、テレビ・新聞等のメディ アでアグリゲートのことを知ってくださった方など、多くの方がいらっしゃるかと思います。

旬八大学では、
・食農業界の実態が今どうなっているのか? ・アグリゲート(旬八青果店)はどのようなビジネスモデルなのか? ・なぜアグリゲートが「SPFモデル」を構築しようとしているのか? ・稼ぐ小売店の経営視点とはどのようなものなのか? ・地方(産地)と都市部(消費地)をつなぐことで何ができるのか?

試行錯誤を重ねているアグリゲートだからこそ、実践を通じてお伝えできるリアルな知見やノウハウがあります。 アグリゲートのアップデートと共に、旬八大学の講義内容もアップデートして参ります。次回開講の目途が立ち次第、優先的にご案内させて頂き ますので、ご興味をお持ち頂いた方は、ぜひこの機会にプレエントリーをして頂ければと思います。

皆さまにお会いできる日を楽しみにしています!
(*1)ビジネスポテンシャルが高い人とは、自らで利益を出しその利益を使ってミッション実現に向けて行動しようというマインドが高くスキルの向 上を常に行う方、と私たちは考えています。

講座紹介

地域商社講座旬八ロゴ画像
講座
アグリゲートでは「地域活性」を「『都市部のニーズ』と『産地』を繋げて、地方の経済をつくること」と定義しています。「地域商社講座」では、当社が展開しているSPF事業をもとに、食農業界における生産~流通~製造~販売のサプライチェーンの川上から川下を繋げるビジネスについて、持続可能な地域活性を実現する事業計画を立てるところから、起業の実践的な手法を交えてお伝えします。
八百屋の立ち上げ講座画像
講座
アグリゲートでは2013年10月の旬八青果店1号店より約20店舗の立ち上げと撤退/移転を経験してきました。成功と失敗の実践を通して蓄積してきた知見をもとに、実際に八百屋(個店)を立ち上げて、運営を回すステップを1つ1つ解説していきます。講座を通して八百屋の事業計画を作成できる構成になっていますが、八百屋以外の小売店の立ち上げにも参考になるコンテンツとしてお届けします。
八百屋の野菜塾
講座
アグリゲートのバイヤーは、「新鮮・おいしい・適正価格」を提供し「未来においしいをつなぐ」ミッションを実現するために、日本全国を巡り産地と消費地をつなぐ役割を担います。全国の生産者さんと対話を重ねながら青果を目利きするバイヤー目線で、旬八ならではの旬の野菜・果物の楽しみ方をお伝えします。

受講生の皆さまへ

私が起業した2009年頃、食や農の業界で起業する方が少しずつ増えていました。
私自身、今と変わらぬビジョンを描きながらも誰に相談していいかも分からず、食農業界の様々なプレイヤーとの関わり合いの中で業界構造を俯瞰して理解して行きました。まだ私もビジネスを発展させる途上にいますが、これまでに起こった出来事だけで小説が書けそうなくらい諦めてもおかしくなかった様々な危機的な状況を乗り越えてきたように思います。
事実、多くの方が食農業界で生きる夢を追いながら事業を撤退したり、働くのを辞めていくシーンを見てきました。マーケットが巨大であることは確実ですが、この業界で稼ぎ続けていくには「これをすればいい」という答えはなく、俯瞰してマーケットを理解すると同時に、商売をする力を高めなければいけません。

旬八大学は食農業界を体系的に整理して学べ、商売する力を高めることが出来る場です。「食農業界で働いていきたい・事業を行いたい」という人にとって基礎的な学びの場でありながらも実践的な学びも出来る場を提供し、未来に”おいしい”をつないでいけるような人材を輩出していくのが狙いです。

単純にビジネスとして興味があるだけでなく、食農業界で何かをやりたいと想いをくすぶっている方々にもぜひ一度ご受講頂きたいです。私も講師で登壇しますので、皆さんと直接お話できることを楽しみにしております。

株式会社アグリゲート
代表取締役/バイヤー
左今克憲

講師紹介

株式会社アグリゲート 代表取締役/バイヤー
左今克憲
1982年生まれ、東京農工大学農学部卒業。 大学卒業後、アグリベンチャーを起業するため、必要な知識経験を積むため総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(現パーソル)に入社、その後2009年2月にアグリゲートを個人事業として創業し(2010年1月から株式会社化)、当初は農業生産法人の社長の付き人など業界慣行や業界動向などをキャッチアップし、2013年10月からアグリゲートの事業経営を本格化し、現在に至る。
株式会社アグリゲート 広報/地域活性
佐藤 麻美
福島大学教育学部卒。大学卒業後、新卒入社で雑貨屋販売員、その後健康食品会社、アパレル、塾講師、マーケティング会社、飲食店、古民家再生事業に関わり、業界の知見を得る。アグリゲート入社後はそれまでの経験を総動員し、店舗スタッフから店長業務、通販、代表のアシスタント業務、広報、地域活性担当などベンチャーらしく枠を設けずに動き回る日々。広報として着任してから現在に至るまでの約3年半で、160本以上のメディア露出・対応の実績を持ち、アグリゲートのメディア戦略を行う。