【5/10・12開催】JA東京中央×アグリゲートと考える、食農業界で活躍できる人物像

私たちアグリゲートは、 未来に「おいしい」をつなぐインフラの創造をミッションに掲げ、 食農業界で生産から販売までを一気通貫するSPF事業と、食農業界のプレイヤーにさらに活躍してもらうためのサービスを提供するプラットフォーム事業という2つのビジネスモデルで事業を展開しています。
SPF事業とPF事業をやっていく中で、食農業界で活躍したいと考えている優秀な方と、今まで業界をけん引してきたプレイヤーを巻き込み、マッチングすることで、この業界を成長産業にすることができるのではないかと考えています。

今回は、JA東京中央様とタッグを組み、 業界のお話し、JA東京中央の役割をお話しさせていただく他、「食農業界で活躍するということはどのような選択肢があるのか」、一つの形を感じてもらえればと思い、このイベントを開催させていただきます。


JA東京中央とは?

「「農」をもとに組合員・地域のみなさまとふれあいを深め、地域社会への貢献を目指します。」を基本理念に、 千歳・大田区・東京大森・砧・城西・杉並中野の6JAが合併してできた組織です。
信用、共済、営農支援など様々な事業を展開し、千歳烏山、二子玉川、荻窪の都内3カ所にファーマーズマーケットを運営し、地元の生産者と地域住民に貢献しています。


こんな方におススメ!

・食農業界全体に興味がある方
・食農を通じて地域に根差した取り組みに興味がある方
・青果や花きの販売業に興味がある方
・生産者さんとの繋がりを通じて地元の方々に「食」を届けたい方
・店舗の損益を理解し、持続的な店舗運営に興味がある or または起業したい方
・これからの食農業界にJAの立場で関わってみたい方
・JA東京中央に興味がある or 働きたい方
・アグリゲートに興味がある方


私たちアグリゲートは、資本主義経済というシステム下において【未来に「おいしい」をつなぐインフラの創造】というミッションを掲げたからには、ビジネスとして利益を出し続けていくことが必要不可欠です。
JA東京中央としては、金融・共済事業だけに依存するのではなく、ファーマーズマーケットの運営=販売事業においても健全な経営を行い、より良い地域社会の実現を目指していきたいという考えがあり、このイベントを共催させていただくことになりました。


「JAって何?何をやっているの?」

という基本的な話から、金融・共済事業だけでなく、販売事業にも力を入れる理由など、食農業界に興味がある方でもなかなか知れない裏側の話をさせていただけるかと思います。





~ イベントの概要 ~

今回のイベントは、業界について知っていただきながら、JA東京中央が運営する、ファーマーズマーケットの店長候補とパートアルバイトスタッフを募集しています。 地元の生産者が作られた青果や花を、直接仕入・販売することを通して、地域に貢献できる店舗運営をするというミッションを抱えた貴重なポジションです! 少しでも興味がある、という軽いタッチでも構いませんので、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

<日程と会場>
■5/10(金)18:30~19:45
【五反田会場】
東京都品川区西五反田1-23-7
五反田シティトラストビル2F

■5/12(日)13:30~14:45
【千歳烏山会場】
東京都世田谷区南烏山6-28-1
ファーマーズマーケット千歳烏山 2F ブリエ

<タイムスケジュール>
■18:10(13:10) 開場
■18:30(13:30) イベント開始
■19:45(14:45) イベント終了

<概要>
*第一部 
18:30(13:30)~
 ・JA東京中央が考える、これからのJAのあり方
 ・ファーマーズマーケットの役割とこれから
 ・JA東京中央で活躍できるステージと人物像
※適宜、参加者も交えフリートーク

*第二部 
19:15(14:15)~
 ・JA東京中央冨樫 × アグリゲート代表左今によるフリートークセッション
 ・ココだから言えるJAの話など

19:35(14:35)~
 ・エントリーフローについて

※終了時間はイベントの進行時間により前後する可能性があります。

<スピーカー>
 ・JA東京中央 農住支援部 購買販売課 係長
  冨樫 勇輝

 ・株式会社アグリゲート 代表取締役CEO
  左今 克憲

<服装>
自由

<参加費>
無料

*全2回開催で会場がそれぞれ異なりますので、お申し込みの際はご注意ください*

イベントは終了いたしました!たくさんのご参加ありがとうございました!

「日経MJ」でアグリゲートを取り上げていただきました

4/14(日)発行の「日経MJ」一面でアグリゲートを特集していただきました。
旬八青果店はじめ、新業態の旬八キッチン&テーブルの運営についてや、旬八大学の取り組みなど、弊社の活動について幅広くご紹介いただいております。

webマガジン 家men で「八百屋が教える野菜の豆知識」連載Vol.10が公開されました

Webマガジン「家men~オトコたちの家事を楽しく。毎日を楽しく。~」の旬八青果店連載第10回が公開されました。

「旬な【フルーツトマト】をもっと美味しく!八百屋が教えるフルーツトマトの豆知識(選び方・保存方法・レシピ)」というタイトルで、旬八青果店バイヤーがフルーツトマトの豆知識やおすすめの食べ方について紹介させていただきました。

連載ページはこちら>

「旬八キッチン&テーブル 春のなす祭り」JAとのコラボで4/10(水)~17(水)開催!

株式会社アグリゲート(代表取締役:左今克憲 / 本社所在地:東京都品川区)は、冬春なす主産県協議会(JAさが、JA全農とくしま、JA全農ふくれん、JA高知県、JA熊本経済連、JA全農おかやま)と共同で、新橋4丁目の「旬八キッチン&テーブル」にて、4/10(水)~17(水)の期間限定で冬春なすのPRイベント「旬八キッチン&テーブル 春のなす祭り」を開催いたします。

なすは、冬から春に出荷される冬春なすと、夏から秋にかけて出荷される夏秋なすに大別されます。
冬春なすは寒い時期でも出荷可能なハウス栽培が中心であり、4月から6月に出荷最盛期を迎えます。
冬春なす主産県協議会は、4月17日がヨ・イ・ナ・スと語呂が良いことや、毎年4月にナスが大好物な徳川家康に献上されていたことなどにちなみ、4月17日を「なすび記念日」に制定し、2004年に日本記念日協会の認定を受けました。

「旬八キッチン&テーブル 春のなす祭り」では、4月17日の「なすび記念日」に合わせて、冬春なすを使ったオリジナルメニューの販売や、なすのつかみ取りイベント、なすのプレゼントなど期間中様々なイベントを開催いたします。皮がやわらかく、口当たりが良い冬春なすをお楽しみください。

◆イベント開催概要
開催期間:2019年4月10日(水)~17日(水)
開催場所:旬八キッチン&テーブル 新虎通りCORE店
     東京都港区新橋4-1-1 新虎通りCORE1F
営業時間:平日 8:00~22:00(モーニング8:00~、ランチ11:00~、セルフバー17:00~22:00)
     土日祝 11:00~20:00 ※終日ビュッフェのみ(テイクアウト可)






◆旬八キッチン&テーブルについて
「新鮮・おいしい・適正価格」旬にこだわる八百屋「旬八青果店」が始めた新業態のお店です。市場や産地から届いた新鮮な野菜や果物をその場で調理。朝はおにぎりやスムージー、お昼は野菜が主役のお弁当やお惣菜、夜と休日はビュッフェと共に、ワインや日本酒などのお酒も楽しめる都市のダイニングへ。忙しくて野菜がなかなか食べられない、そんな方にも「青果のある暮らし」をお届けします。

「アーバンライフメトロ」で旬八キッチン&テーブルをご紹介いただきました

東京で「働き、暮らし、遊ぶ」すべての人が、前向きな気持ちになれる物事と「つながる」情報を発信するWEBメディア「アーバンライフメトロ」で旬八キッチン&テーブルをご紹介いただきました。
ランチメニュー、ビュッフェメニューを中心にご紹介いただいております。
掲載ページはこちら>