仕入・卸事業

ミッション

産地と消費地をつなぐ
流通をつくります

自社農場、産直契約農場、中央卸売市場の仕入において、産地のおいしいものをより新鮮な状態のまま適正価格で消費地に届けます。中間マージンやこれまで存在したロスを最適化させた流通を構築しています。都市と地方を繋ぐ新しい流通を構築することで、都市の食生活を豊かにすると同時に地方経済を活性化する、産地から消費地をつないでいる事業です。自社店舗のほか、学校給食、飲食店、オフィスにお届けしています。

 

g-buyer02

 

地方のようにお値打ちな価格で新鮮でおいしい野菜が当たり前に食べられない都市。毎日、おいしいものが手軽に、身近に買える環境をつくりたいと私たちは考えています。
青果が売場に運ばれてくるまでには、生産→仕入→物流→(製造)→販売のプロセスが経られています。そして全国各地で作られた農産物の全てが東京の市場に入ってくるわけではありません。
 

〜「自社産直便」の構築へ〜

仕入先を介さないと仕入が出来ない、マージンは高いが仕入ざるを得ないこと、産直だと量がまとまらず宅急便のため物流コストがかかってしまう、市場は物流会社に物流費を払わなければ荷積が出来ない、などといった、様々な課題があります。本当に欲しいものがあるなら、その産地に行って、物流を作って、自分達で運ばなければならない。
現在アグリゲートでは、世田谷市場を拠点に自社産直便をつくり、「今まで届けることができなかった産地の(捨てられている、安すぎる)いいものに価値を付けて都市に届けたい」という想いと行動を繰り返し持ち続け、生産地のみなさんと共に新しい流通をつくっています。

 
 

 

ITを活用し、生産から販売までを一気通貫させる
プラットフォームを構築します

〜 “物流”の課題を解決するIT 〜

[課題]
生産から販売までにロスが出やすい(天候による生育状況 移送中の積み方 保存状況など傷みやすい要因に)
 
[解決策]
青果流通に必要な独自の物流管理の環境づくりをしています。

 

 


 
univ

「新鮮」で「おいしい」ものを「適正価格」で販売するための”仕入”について学ぶ”バイヤーによる青果の流通講座”を開講しています。

講座の詳細はこちら