仕入卸事業

ミッション

地方と都市をつなぎ、農業で地方経済を活性し都市の食生活を豊かにする流通を創ります

 

g-shunpachi01
 
【農場事業】自社で運営する「旬八農場」
 
茨城県つくばみらい市に農場を持ち、広さ約2haの農地でじゃがいもやかぶ、小松菜、大根など年間約20品目の野菜を栽培しています。(農場エコファーマーを認定)ターゲットとした仕入価格で仕入れるための生産コスト管理、販売のニーズに応じた生産、各品種の機械化のテストなどを行い、取引先農家さんへの波及を視野に、生産~販売までの生産性検証の取り組みを積極的に行っています。省力・低コスト化への技術普及に向けた取り組みをはじめ、生産における課題解決に取り組んでいます。

 

g-shunpachi01
 
【荷主事業】株式会社MOTの設立

株式会社MOTでは、東京に出荷がされてこなかった産地からの仕入れや、今まで出荷されなかった規格外とされる農産物の仕入を行うため、産地の農家、組合、地方市場と協業し、自社主導の流通を構築しております。規格外とされる商品は、産地の直売所で販売されなければ、畑で廃棄されているのが現状です。「今まで届けることができなかった産地の(捨てられている)いいものに価値を付けて都市に届けたい」という想いと行動を繰り返し持ち続け、生産地のみなさんと市場のご協力を得て、共に新しい流通をつくっています。

 

g-shunpachi01
 
【卸事業】ニーズに合わせた卸の実現

自社農場、全国の生産者・組合・卸売市場、東京の中央卸売市場と大きく3つの仕入れチャネルに分類し、仕入ポートフォリオを毎日組み替えることで、卸先のニーズに合わせて産地のおいしいものをより新鮮な状態のまま適正価格での提供を実現しています。自社店舗のほか、学校給食、飲食店、オフィスにお届けしています。